水戸でも「萩の月」

みなさんこんにちは☆
プレジデントホテル水戸
インターネット販促担当のゆりまめです。

昨日、今日と水戸では随分と気温が下がりました。
今日はシトシトと雨が降り続いておりましたが、
なんとなく秋の色が見えてきていますね。

気づけば8月もあともう少し…
ちょっとさみしい気もしますが、
季節季節の楽しみがあるのが、この日本のいいところ!

というわけで本日は、
水戸が誇る名園「偕楽園」にて9月1日より行われる
「水戸の萩まつり」をご紹介いたします。

140826

偕楽園の萩は、
水戸藩第9代藩主徳川斉昭公(江戸幕府最後の将軍 、慶喜公の父)
が伊達藩から譲り受け、偕楽園創設とともに植えたもので、
宮城野萩を中心に白萩、山萩、丸葉萩など、
総株数約750株が咲き誇ります。

伊達藩と言えば宮城!宮城は「萩の月」が有名ですもんね♪

9月8日の「中秋の名月」には偕楽園を夜9時まで特別開放し、
野点茶会、神楽舞、雅楽演奏会など、
秋の風情を感じられる月見の会が開催されます。

ちょっと涼しくなった夜に、
美しい月を眺めながら、
「和のこころ」に触れてみてはいかがでしょうか?

○゚+.○゚+.○゚+.○゚+.○゚+.○゚+.○゚+.○゚+.○゚+.○゚+.○゚+.○゚+.○゚+.○゚+.○゚+.○゚

「水戸の萩まつり」

期間:2014年9月1日(月)~9月21日(日) 【中秋の名月 9月8日(月)】
会場:偕楽園

○゚+.○゚+.○゚+.○゚+.○゚+.○゚+.○゚+.○゚+.○゚+.○゚+.○゚+.○゚+.○゚+.○゚+.○゚+.○゚