2月5日 東風解凍の候 心のつぶやき。

こんにちは!プレジデントホテル水戸フロント担当きのぴおです♪

立春を過ぎ、暦の上では春に☆

昨日は、関東地方で、観測史上最も早い“春一番”が吹きました。
南寄りの風ではあったものの、“春”とは名ばかりのとても冷たい暴風・・・
この風の勢いで、ウイルスも嫌なことも、すべて吹き飛ばしておくれー!
そんなことを念じながら、私きのぴおは暴風に耐えて公園をお散歩しておりました(笑)

さて、プレジデントホテル水戸フロントスタッフより、
今、心に思うこと。

『かくれんぼ マスクの下の 笑顔かな』 

スタッフの気持ちを川柳にしてみました。

マスクで表情が分からないこともありますが、
顔も心も笑っていたいものですね♪

二十四節気の「立春」を過ぎ、“七十二候”では、東風解凍(はるかぜこおりをとく)。
『春の風が、川や湖の氷を解かし始める頃』ということ。

『春』という言葉を聞くだけで、なんだか心がワクワクしてきます♪